1 目 的
     高齢者や障害のある方などが生き生きとした生活を送ることができるよう、保健・福祉・医療などの連携のもとに地域リハビリテーションの推進について協議するために、群馬県地域リハビリテーション協議会(以下「協議会」 という。)を設置する。
  2 協議事項
     協議会は、次の事項について、協議する。
   (1) 地域リハビリテーションの推進方策について
 (2) 地域リハビリテーションの連携指針について
 (3) 地域リハビリテーション支援センターについて
 (4) その他地域リハビリテーション推進のために必要な事項について
  3 組 織
   (1)委員は、学識経験者、関係団体、関係行政機関などから、知事が委嘱する。
 (2) 委員の任期は、2年とする。ただし、委員に欠員を生じた場合の補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。
  4 役 職
   (1) 委員長及び副委員長は、委員の互選により選出する。
 (2) 委員長は、協議会を代表し、会務を総括する。
 (3) 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代行する。
  5 会 議
   (1) 委員長は、会議を招集し、その議長となる。
 (2) 委員長は、必要があると認めたときは、委員以外の者の出席を求め、説明または意見を聴くことができる。
  6 事務局
     協議会の庶務は、保健福祉部保健予防課で行う。
なお、事務局は、医務課、高齢政策課、介護保険課、保健予防課及び障害政策課の職員で構成する。
  7 その他
     この要領に定めるもののほか、協議会の運営に関して必要な事項は別に定める。
   
附 則
この要領は、平成15年 8月 7日から施行する。
   
   
  資料ページへ